瀬戸内巡礼 二十九番 タオル美術館

高速から下りて
タオルの町、今治にあるタオル美術館を目指します。
友人のMIXI友からの
超オススメ情報を受けて
ガイドブックにも
私たちの候補にも上がっていなかった
この美術館が目的地に当選しました。
ノープラン旅行バンザイ!!
とってものどかな風景の中を
ヴィッツ君は進みます。

…と突然現れる車の群れ&人の群れ&高い建物。
ほほぉ~。
コレがタオル美術館ですか。
思っていたよりも迫力ある大きさでした。
ワクワク。
入り口にとっても近い場所に駐車できて
ラッキー☆
中に入るとまずは輸入食品&雑貨のお店。
四国名産品のお店。
タオル美術館オリジナルのタオルや
タオルアウトレット店。

d0062788_14512737.jpgそしてコットンロードという
フワッフワの綿を使った
大きなアイスやケーキ
カワイイオブジェのあるかわいらしい道。
美術館的な雰囲気が出てきました。
カワイ~ね。
コットンもやわらかくて
とっても気持ちがいい゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
フワフワ~。

そして奥からはいよいよ美術館ゾーン。
入ります!!
最初に見えてきたのは
タオルの製造工程。
機械がカチャカチャ。
オトナの社会見学ですね。
こういうのだーいすき♪
コットンを原料として糸を作っていく過程や
糸を巻いていく過程。
その後どんどんタテヨコの糸を織っていく過程が見れました。

工場ゾーンを過ぎると
階段を上がり40メートルタオルと
タオルの動物園&水族館が
私たちを出迎えてくれました。
動物たちには名前がついていて
カワイイコメントがたくさん。
メルヘンな世界に飛び込めました。
d0062788_14595353.jpgd0062788_1501628.jpgd0062788_1504093.jpg









d0062788_156282.jpgメルヘンを抜けると
次は『山下清の東海道五十三次』の
展示がありました。
山下清が旅の途中に描いた絵と
コメントがあり、
その絵をタオルで大きく作ったのが
並べて展示してありました。
細かい描写と独特の表現。
素直な気持ちの表現が
スッと入ってきました。

続いて『ATSUKO MATANO』
タオルアート。
キレイな色のタオルをただただ並べていたり
タオルを丸めたり
タオルに織り込んだり
タオルを重ねたり
いろんなことをしてタオルの表情を作り
ステキな作品になっていました。
スゴイ。
まったりした気分になりました。
コレをデザインするのはすごいね~。

その後登場したのは
『たけ』の作品展。
タオルとは関係ないけれど
ステキな作品がたくさんありました。

…脳梗塞により右片麻痺と失語症を残し、
「死んだ方がましだ」と願っていた、たけさん。
左手を使って絵と詩を描くことをはじめた彼は
障害を受け入れ、「いま、今日できること」を
考えようと前向きな考えを持つようになった。

そんな彼の作品です。
私と友人。
ふたりともリハビリのセンセーという
職業をもって仕事をしています。
ひとつひとつの言葉がココロに響いてきました。
感謝の心を忘れずに
たとえ思っていなくても
『アリガトウ』と言葉にすると
気持ちがイイ。
ウンウン。

d0062788_15394847.jpg『まぁるい まぁるい こころの あなたが すき』
『この無限の 宇宙の中で あなたに会えて よかった』
ステキなポストカードを手に入れました。
カワイイ絵本の原画もあり、
発売されたら
買っちゃいそうです。
チビッコたちや
ママたちにも読んであげたいなと
思いました。

d0062788_15552462.jpgその後タオルドレスが
あまりにもかわいくて
どの色にするか超迷って
迷って迷って迷って迷って~。
結局ドハデなストロベリーって名前の色の
タオルドレスを購入。
どう考えても家にはあわないので
クルマの後部座席に乗せようと思います♪
[PR]
by aya-honey | 2009-05-10 15:06 | 旅行 | Comments(0)