感覚統合(>з<)

今日は仕事の後にOTの先輩の検査練習に付き合いました。
感覚の検査です。
感覚検査といっても
触って「これわかりますか?」とかではないです。
視覚・触覚・聴覚・運動覚・前庭覚。
私達の体にはいろんな感覚があります。
その全部が使われて、
どれが多くも少なくもなく使われて初めて
いろいろな運動や活動ができるのです。
図形模倣とか
格好の模倣とか
あとは目隠しして触られたとこを示すとか
なんかできそうで出来ない。
でも出来ないとちょっと悔しいようなものが続きました。

そして一番すごかったのは回転イスに座らされて
10回クルクル回されるってやつ。
前庭覚の感じやすさと処理能力を見るそうです。
クルクルすると目が回りますよね。
そのときって目に「眼振」ってのがでています。
私は3分半以上たっても目がユラユラ揺れて
眼振が止まらなかったそうです。
一番早かった人は6秒でストップしたらしい。
私は前庭覚に敏感で、しかも処理が遅いらしい。
船酔いが続きやすいのはそれが原因なのかもね。
って言われました。
ほぉほぉ。
すごいね。

そしてATNRでました。
左だけだけど。
私は子供か?
まぁ完全に正常な人なんていたら怖いけどね。
みんなある程度の左右さとか苦手さはもってるから。

障害を持っている子ども達
特に自閉症や多動のお子さん達は
こんな感覚の敏感さに大きな偏りがあるのです。
やたらと視覚に頼っていたり
触覚が過敏だったり
前庭覚が好きだったり。
なのでみんな走り回ったり
ボーっとしながら手で遊んでたりするのね。

自分の意外な一面をちょっと知った1日でした。
[PR]
by aya-honey | 2005-10-28 22:43 | お勉強 | Comments(0)